シンガーソングライター 池端克章

池端克章1
場所:メインステージ
11/2(土)19:00~

カテゴリー
音楽・踊り

2013年1月6日 インディーズでありながら、
客席数2000を超えるアルモニーサンク北九州ソレイユホール(旧・九州厚生年金会館)で
単独コンサートを行い、満員に近い動員となりコンサートは大成功。
地元北九州から紅白歌合戦出場を目指し、
日々音楽活動を行っているシンガーソングライター 池端克章。

11/2(土)19:00~
場所:メインステージ

【 profile 】

2008年にギターを始め、2人組みユニットRaffaelloとして音楽活動をスタート させる。
2008年10月には、1stアルバム「喜努愛楽」を発売。2009年から相方が脱退し、池端克章のソロ活動となる。
2009年4月、山口ケーブルビジョンの音楽番組「俺ソンが行く」のメインレポーターを務め、これがきっかけとなり山口県を中心に知名度を上げていった。
バンド活動や音楽制作など様々な経験をし、音楽性を高めていく。
2010年新聞やTV番組など多くのメディアに出演し、4月に2ndアルバム「My Dream」を発売。2ndアルバムは1年で2000枚を売り上げた。2010年夏は東京ツアー、2010年秋はアメリカロサンゼルスへ音楽の修行に行き、アメリカのボーカルトレーナーであるビリー氏にボーカルレッスンを受け、ボーカルに更なる磨きをかける。日本に帰国後も様々な場所で活動を行う。
2011年3月大学を卒業し、地元福岡県を拠点に活動をスタート。インディーズでありながら、テレビ、ラジオ、楽曲提供、CMソング制作など幅広く活動を展開する。
2012年1月、池端克章ファンクラブが発足。
2012年7月には、安部潤氏(嵐、安室奈美恵、CHEMISTRYなどの作編曲やサウンドプロデュース、広瀬香美、加藤登紀子らのライブサポート、 倖田來未、ANRI などのレコーディング等で活躍中)、山野修作氏(ニューヨークの若手トップアーティストと共演を重ね、福岡を拠点に全国で活躍中のギタリスト。)サポートのもと、池端克章ベストアルバム「Natural Sounds」を発売(10曲入り1500円)。その後、地元を中心にファンが増えていった。
2013年1月6日、地元北九州市で最大のコンサートホールであり、客席数2000を超える、アルモニーサンク北九州ソレイユホール(旧・九州厚生年金会館)で単独コンサートを行う。
インディーズでありながら2000人のホールで単独コンサートを行うのは異例の挑戦であったが、満員に近い動員となりコンサートは大成功となった。
地元北九州から紅白歌合戦出場を目指し、日々音楽活動を行っている。


池端克章ホームページ